2008年 08月 24日

なんとなくArchives Vol.1

13才~20才

ファッションに興味を持ったのは中学校に入ってぐらいからで、兎に角、情報は雑誌から。
一番最初に買った雑誌が”Bigin”で、メンズノンノ、チェックメイト、ファインボーイズは購読してた。丁度、ヴィンテージデニムのブームとか、ドルチェ&ガッパーナが誌面を賑わしてた。ローゲージのニットを重ね着したりして。
メンノンのモデルはマークパンサー、田辺誠一とか反町氏も本名で出てたような。

中学3年、家の近くに古着屋があったんですね。
たしか”小意気屋雑貨店”という名前だったような。
そこでネルシャツを買ったのが初めてお洒落着として買った服。

高校に上がったころからは名古屋の栄で、アニエスb、トランスコンチネンツ、SIPS、UA、う~ん懐かしい。BEAMSもTV党の横にあるビルの2Fにしか無くて、初めて入った時は緊張した。確かフレンチラコを買ったはず。

18才ぐらいは、”ブランチワークス”にはまってた。
オリジナルが凄くお洒落で、名古屋だけで展開してるショップだったけどオリジナル以外にもドリスなんかもセレクトしてあって、今の時代でも十分通用すると思う。
今はもう無くなってしまったけど、本当に良いお店だった。残念。一番影響を受けたショップだと思う。スタッフの人も良い人だったなぁ。
※栄店じゃなくて池下店に良く行ってた(多いと週1ぐらいで)

20才ぐらいからはギャルソンにドップリ浸かって。
取敢えずギャルソン着てればお洒落だろうと思って。
今考えると、JKTに8万円、パンツに5万円とか・・・麻痺してたな。
岐阜店にもちょこちょこ行ったりもして。


続く。。。
[PR]

by ANAC87 | 2008-08-24 21:55 | Diary


<< なんとなくArchives V...      LACOSTE >>